救急医療 PRONTO SOCCORSO

救急医療について

NamiBtn

日本語サポート

ミラノ市内の主な公立総合病院には、年中無休24時間体制の救急医療センターが設置されています。国保に加入していない外国人旅行者も利用できます。ただし、ベッド数の不足などで受け入れを断られたり、長時間待たされたりすることもあります。救急病院の混雑を減らし、休日や夜間の診療を保障するために、軽症の急病診療所も開設されています。赴任後すぐ、最寄の救急医療機関を確認しておきましょう。そして緊急時には慌てずに、レベルに応じた適切な医療を受けることができるよう、まずは、準備をしておきましょう。

レベル1重症 ・・・生命危険 移動できない

-> 救急車118AMBULANZA アンブランツァを呼ぶ

電話で連絡する。重症、事故、生命の危機があれば、迷わず呼ぶこと。携帯、固定いずれから

でも料金不要。「URGENTE」(緊急)であること、名前、電話番号、所在地、患者名、年齢、いつどこでどうしたか、容体について知らせる。
ミラノ市内であれば、約3分で到着。通話は、近所の人や遠くにいる知人に頼んでもよい。アパートのインターホン番号や棟、階など伝えるか、建物の玄関で待つ。

 レベル2 重軽症 ・・・移動できるが、すぐ対応が必要

-> 救急病院 PRONTO SOCCORSO  プロントソッコールソに行く

予約なしで直接タクシーや自家用車で行き、救急棟で受付け(ACCETTAZIONE)、順番を待つ。緊急医療24時間体制で行っている主な病院。

~救急センターのある主なミラノの病院~
NIGUARDAニグアルダ(中毒、火傷センターなどある公立大総合病院、市内北部)
POLICLINICO ポリクリニコ(Mangiagalli, Regina Elena含む公立総合病院、ミラノ大学近く)
SAN CARLO サン・カルロ(日本人学校に一番近い公立総合病院、市内西部)
SACCO サッコ(感染症センターある公立総合病院、市内北西部)
SAN PAOLO サン・パオロ(公立総合病院、市内南部)
FATEBENEFRATELLI ファテベネフラテッリ(眼科救急ある公立総合病院、領事館近く)
BUZZI ブッツィ(公立こども病院、市内Corso Sempione付近)
SAN RAFFAELEサン・ラファエレ(ミラノ2近くの私立総合病院、市外北東)
HUMANITASウマニタス(市外南の私立総合病院)

タクシーでは住所不要、病院名だけ伝えればよい。外来入口とは別なので、必ずプロントソッコルソに行くことを伝える。子供無料、14歳以上で軽症の場合に有料となることある。(タクシーは「緊急時」、病院住所は「病院」の章を参照。)

レベル3 休日夜間急患 ・・・翌日まで待てない症状

-> 休日夜間往診 SERVIZIO DI CONTINUITA’ ASSISTENZIALE  02-34567 に電話をする
専門医はいないが、当直医の簡単な応急手当や薬品の処方箋、アドバイスを受けることができる。ふつう無料であるが、州外住民、保険未加入者など有料(診療所受診15€、往診25€)となることもある。
毎日夜間 20~8時
土日、祝日8~20時も対応
・緊急時の診察や往診
・48~72時間以内の治療指示

-> 休日小児科急患 SERVIZIO DI CONTINUITA’ ASSISTENZIALE  02-34567に電話をする
休日前 小児科急病診療所 0~13歳対象
平日夜間 20~24時
土日、祝日 8~12時、15~19時
・電話アドバイス
・必要に応じて診療所受診や往診
・救急病院へ行く指示

-> 薬局救急 PRONTO FARMACIA TEL 800-801185  電話サービスを利用する
夜間休日24時間対応の薬局救急
・無料電話サービスで薬剤師が対応する。
・休日や夜間当番の薬局や、薬品についてのインフォメーションをきく。

 レベル4 一般診療・・・しばらく経過をみてもよい症状

-> ホームドクター MEDICO DI FAMIGLIA  予約または直接行く。
通常電話で予約、診療所に行って受診する。検査、専門診療の指示書、薬の処方箋等をもらう。検査結果や経過について、再受診し、治療方針を立ててもらったり、再検査や別の専門科への指示書をもらったりする。保険内でもプライベートでもホームドクターの役割は同じ。料金やサービスが異なるだけ。(「ホームドクター」の章参照)


~エボラ出血熱 イタリア事情~
2014年11月に感染したイタリア人医師退院しました。

エマージェンシー医として、西アフリカのシエラレオネでエボラ出血熱の医療に従事していて感染しましたが、ローマのSPALLANZANI病院に緊急搬送され、治療を受けて2015年1月2日に完治、無事退院の報道がありました。故郷カターニャに戻り、自宅療養して体力が戻ったら、またシエラレオネに戻る意向を伝えています。

2015年5月13日に搬送されたイタリア二人目の感染者も退院しました。

西アフリカのシエラレオネより帰国した37歳のイタリア人看護師が、エボラ出血熱に感染したことが確認され、5月13日ローマのSPALLANZANI病院に搬送されました。サルデニア州出身のエマージェンシー看護師ですが、6月10日の発表によりますと、完治して無事退院、患者が搬送されるより早く、治療薬などの準備が整いスムーズに治療が行われた結果だとしています。

~中東呼吸器症候群(MERS)イタリア事情~

イタリアでの2015年の感染者はありません。

韓国で中東呼吸器症候群(MERS)コロナウィルスの感染が広がっていますが、EU内感染者は、2015年6月現在で合計15人、イタリアでは昨年1人だけとなっており、特別な対策は今のところ必要ないとしています。

~感染症救急センター~

ミラノ市の感染症センターの中心はOSPEDALE SACCO(サッコ)病院で、エボラ出血熱対策でも指定病院です。国内ではローマのSPALLANZANI病院とここの2か所が中心となります。サッコ病院は、ミラノの北東に位置し、85年前に結核療養所として設立された病院です。現在は一般の総合病院となっていて、救急医療も行っています。数年前の新型インフルエンザ流行時も、北部で中心となって対応にあたった病院で、流行当初に新型かどうか検査ができるのは市内でこの病院だけでした。イタリア北部において、エボラ出血熱などの疑わしい症状が発生すれば、この病院に搬送されます。

同病院の感染症センターには70人の入院患者を収容できますが、うちベット15台は完全隔離できるよう受け入れ準備が整っています。また医師や看護師は、二次感染防止のため、救急車から病院への特殊搬送の方法、完全防護服の着脱の方法など日々研修や訓練を行っていて、病院の受け入れ体制は万全なようです。

OSPEDALE SACCO
VIA G.B.GRASSI,74 MILANO
TEL 02-39041


~インフルエンザ イタリア事情~
今シーズン2016-2017年 ピークは1月末の見通し
イタリアISS保健研究所の発表によりますと、1月8日までに国内感染者数は約248万人が達したとみられています。5歳未満の感染者が最も多く、ついで5-14歳が多くなっています。この週は、冬休みで感染の広がりがみられませんでしたが、今後1月末には流行はピークとなる見通しです。現在は香港A型H3N2(今季ワクチン内容株)が58.2%を占めて、中心的に流行しています。
コリエーレ紙によりますと、症状は、発熱、全身の倦怠感、咳などのほか、胃腸炎も今季特徴的のようです。

昨シーズン2015-2016年 2016年16週目4月末に流行終息 低レベルの流行
イタリアISS保健研究所は、2016年第16週目(4月24日まで)でインフルエンザ件数は患者数1000人に対して0.96件となり、イタリア全州で流行は終息したとして統計を終了しました。ピークは2月2週目、全体では約485万人が感染したとみられますが、これまでのシーズンと比べると、低レベルの流行となりました。年齢階層別では、4歳以下の感染者が一番多く、ついで5~14歳と、年齢が上がるほど感染者の割合が低くなるのは、前年とほぼ同じ傾向でした。

シーズン2014-2015年全体 中~高レベルの流行
2015年9月の保健省のレポートによりますと、1月末がピークで、全体では国内10.8%、約600万人が感染し、中~高レベルの流行となりました。うち重症患者485件(うち死亡者数160人)となったそうです。特に子どもの感染者が多く、4歳までが全体の26%に達し、5~14歳が9.9%となりました。年齢が上がるほど感染者の割合は低くなる傾向がみられたようです。

学校の対応、学級閉鎖はない
イタリアの学校では、暖房がつかないときには帰宅となることもありますが、インフルエンザで何人休んでいても学級閉鎖にはなりませんし、出席停止の扱いもありません。授業の遅れが気になるかもしれませんが、しっかり治して元気になってから登校するようにします。

治療 リレンザ・タミフルはほとんど使われない
ホームドクターでは、だいたい4日~1週間程度の休養日数を指示されることが多いです。発症後48時間以内に投与しなければならない抗ウイルス剤は、特別な場合を除いては奨励していないので、迅速抗原検出検査もほとんど行われません。タミフルリレンザはイタリアでも購入可能ですが、熱が高いときに解熱剤を処方するなどの対処療法を行い、数日間は安静するように指示されます。予後の二次的細菌感染で気管支炎や肺炎の症状が見られれば、抗生剤を投与することとなります。

イタリアインフルエンザ予防対策
イタリア保健省では、予防対策として、①手洗い(水のないところでは消毒ハンドジェル剤)を強く推奨しています。次に②咳、鼻、くしゃみエチケット、③感染時の自宅休養、④院内感染者のマスク装着などを挙げています。
予防接種は、65歳以上の高齢者や、慢性疾患のある人に推奨しており、保健所などで無料で受けることができます。その他希望者は、ホームドクターなどで有料接種となります。


ジカ熱、イタリア事情~

ジカ熱は、デング熱や日本脳炎を引き起こすウイルスの仲間であるジカウイルスをもつ蚊に刺されることで感染します。2015年以降、南米を中心に流行し、ウイルスと胎児の小頭症との関連が疑われています。
2016年1月末より、イタリアでも空港などにポスターを掲示し、流行地への渡航者(特に妊婦)に注意を呼びかけ、帰国後21日以内に発熱や関節痛などの症状が見られた場合は、速やかに受診する注意喚起を行っています。

イタリア人旅行者では、2015年に4件(すべて治癒)、2016年に入ってからも数件確認されて、2月現在合計10件となりました。いずれも中南米などへの渡航後の輸入症例とのことです。

2月2日、WHOは緊急事態の宣言をだし、流行を防ぐための措置を徹底するよう勧告しました。
これを受け、日本ではデング熱や狂犬病と同じ「四群感染症」に指定されました。
ジカ熱はふつう軽症といわれているのですが、胎児への影響を懸念して警戒感が広がっています。
今のところ、日本やヨーロッパでの流行はありませんが、春から夏にかけてヤブカが繁殖する時期に流行のリスクがあるとしています。